【エクセル】郵便番号から住所、住所から郵便番号を自動で入力する2つの方法を解説!

住所から郵便番号を調べたり、郵便番号から住所を調べたりするのには時間がかかります。

今回は日本語入力システム「Microsoft IME」の郵便番号辞書を利用して、エクセルで郵便番号を住所に、住所を郵便番号に入力する方法を紹介します。

また、もう1つの入力方法として、日本郵便のWEBサイトから住所&郵便番号をダウンロードしてVLOOKUP関数を利用する方法を紹介します。

Microsoft IMEの郵便番号辞書をONにする

1つ目の方法を紹介する前に、まずは日本語入力システム「Microsoft IME」で郵便番号辞書を利用出来るように設定する必要がありますので、手順を解説します。

手順1.「IMEオプション」から「設定」をクリック
デスクトップ右下のタスクトレイ内にある「IMEオプション」右クリックしてメニューを開き、「設定」をクリックします。

図.IMEオプション⇒設定
IMEオプションを右クリックし設定ボタンをクリック

手順2.IME設定画面から「学習と辞書」をクリック
Microsoft IMEの設定画面が開くので、設定項目一覧から「学習と辞書」をクリックします。

Microsoft IMEの設定画面
Microsoft IMEの設定画面

手順3.「学習と辞書」画面から「郵便番号辞書」をON
「学習と辞書」画面の下に「システム辞書」項目があります。その中の「郵便番号辞書」「オン」にすることで郵便番号辞書を使うことが出来ます。

すでにONになっている場合は作業は不要です。

図.郵便番号辞書
郵便番号辞書をON

郵便番号から住所を自動入力

利用する準備は整いましたので、実際に郵便番号から住所を入力する手順を説明します。

郵便番号(住所入力前)

手順1.郵便番号を住所欄に貼り付けます。

図.郵便番号の貼り付け
郵便番号を貼り付け

手順2.マウス操作かカーソル操作で郵便番号を選択します。
郵便番号を次のステップで変換する必要があるので、マウス操作かカーソル操作で郵便番号を選択します。

図.郵便番号を選択
郵便番号を選択

手順3.キーボードの「変換」キー押す
キーボードの「変換」ボタンを押すと、変換候補リストが表示されますので、候補リストの中から該当する住所を選択し「Enter」をクリックします。

図.変換候補リスト
変換候補から住所を選択

そうすると、下のように郵便番号から住所への変換が完成します。

図.住所への変換が完了
住所への変換が完了

住所から郵便番号を自動入力

次に住所から郵便番号を入力する方法を紹介します。手順は、郵便番号から住所を入力する方法と同じです。

手順1.住所を郵便番号欄に貼り付けます。

図.住所を貼り付ける
住所を貼り付ける

手順2.マウス操作かカーソル操作で住所を選択します。
住所を次のステップで郵便番号に変換する必要があるので、マウス操作かカーソル操作で住所を選択します。

図.住所を選択
住所を選択

手順3.キーボードの「変換」キー押す。
キーボードの「変換」ボタンを押すと、変換候補リストが表示されますので、候補リストの中から該当する郵便番号を選択し「Enter」をクリックします。

図.変換候補リスト
変換候補から郵便番号を選択

そうすると、下のように住所の郵便番号への変換は完了です。

図.郵便番号への変換が完了
郵便番号への変換が完了

日本郵便のWEBサイトからダウンロードして変換表を作成

2つ目に紹介するのは、日本郵便㈱のWEBサイトから、住所&郵便番号のリストをダウンロードして自動変換表を作成する方法です。

1つ目の日本語入力システム「Microsoft IME」の郵便番号辞書を使った変換方法だと、正式な郵便番号を利用しているか心配という方は、こちらの方法を利用することをお薦めします。

郵便番号は市町村名の変更などにより、月に1回程度更新されています。

眼鏡先輩

手順1.「住所の郵便番号(CSV形式)」をクリック
以下のURLを開き、日本郵便㈱のHPの、「住所の郵便番号(CSV形式)」の「読み仮名データの促音・拗音を小書きで表記するもの」をクリックします。

郵便番号のCSVファイルをダウンロード
郵便番号のCSVファイルをダウンロード

手順2.「都道府県一覧」メニューの中の「全国一括」をクリックします。
「都道府県一覧」メニューの中の「全国一括」をクリックします。利用する郵便番号の都道府県が限定的で絞れているのであれば、対象の都道府県名をクリックしてください。

郵便番号の都道府県一覧メニューから「全国一括」を選択
郵便番号の都道府県一覧メニューから「全国一括」を選択

手順3.ダウンロードされた「ZIP ファイル (.zip)」を開く。
ダウンロードされた「ZIP ファイル (.zip)」はPCの「ダウンロード」フォルダに保存されていますので、利用したい任意のフォルダに移動してください。

郵便番号リストの圧縮データをダウンロード
郵便番号リストの圧縮データをダウンロード

次に、アイコンを右クリックして、「プログラムから開く」から「エクスプローラー」をクリックします。

郵便番号リストの圧縮データの開き方
郵便番号リストの圧縮データを開く

手順4.ダウンロードしたCSVファイルを開く
「このファイルを開きますか?」画面で「開く」をクリックして、ダウンロードしたCSVファイルをダブルクリック(※)で開きます。

郵便番号のCSVファイルを開く
郵便番号のCSVファイルを開く

※ここで大切な注意点があります。

「北海道」「青森県」「秋田県」「岩手県」の4都道府県の郵便番号は、先頭に「0」を含んでいるため、普通にダブルクリックでCSVファイルをエクセルで開くと、先頭「0」が消えてしまいます

そのため、この4都道府県の郵便番号を利用する場合は、下の『郵便番号の先頭「0」が消えるのを防ぐ方法』見出しで解説している方法を利用して、ダウンロードしたCSVファイルをエクセルにインポートしてください。

手順5.郵便番号7桁を”3桁-4桁”に修正
C列の郵便番号に”-”を挿入するため、右に1列追加して、以下のREPLACE関数(リプレイス)を挿入します。

REPLACE関数とは、対象の文字列の中で指定された文字数を新しい文字に置き換える関数です。

=REPLACE(C1,4,0,"-")

郵便番号7桁を”3桁-4桁”に修正
郵便番号7桁を”3桁-4桁”に修正

手順6.住所の文字列を結合
H列に県、I列とJ列に市区村町名が記載されているので、H列とI列のJ列を以下の”&”関数を用いて住所を1つのセルに結合します。

=H4&I4&J4

住所を”&”で結合
住所を”&”で結合

手順7.不要な列を削除して住所&郵便番号リストを作成
手順5と6で追加した行は値貼り付けして、住所と郵便番号以外の不要な列は削除し、住所&郵便番号リストを作成します。

図.住所&郵便番号リストを作成
住所&郵便番号リストを作成

手順8.VLOOKUP関数を用いて郵便番号から住所を自動入力
VLOOKUP関数を用いて郵便番号から住所を自動入力するよう以下の関数を挿入します。

=VLOOKUP(E4,A:B,2,FALSE)

VLOOKUP関数を利用して住所を自動入力
VLOOKUP関数を利用して住所を自動入力

手順9.自動で住所が入力されるか確認
下図のように郵便番号を入力すると、表から該当する住所が抽出されて自動で入力されるようになりました。


住所から郵便番号を抽出するようにしたい場合も、作成方法は同じです。

VLOOKUP関数を利用して住所を自動入力(2)
VLOOKUP関数を利用して住所を自動入力(2)

VLOOKUP関数の使い方が分からない方は、下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

👇VLOOKUP関数の利用の仕方

郵便番号の先頭「0」が消えるのを防ぐ方法

上の見出しでも紹介したとおり、「北海道」「青森県」「秋田県」「岩手県」の4都道府県の郵便番号は、先頭に「0」を含んでいるため、ダウンロードしたCSVファイルをダブルクリックでエクセルで開くと、先頭の「0」が消えてしましますので、「0」が消えない方法を紹介します。

この方法は、「CSVファイル」をエクセルの「テキストから(レガシ)」ボタンからインポートする方法です。

まずExcelのオプション画面から初期設定を行い、その後にインポートする流れとなります。約2~3分ほどの簡単な作業です。

CSVファイルを先頭「0」を含んでエクセルに取り込む方法はこちらの記事でも3つ紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

手順1.「オプション」を選択

「ホーム」タブ⇒「その他のオプション」⇒「オプション」をクリックします。

「その他のオプション」⇒「オプション」を選択
「その他のオプション」⇒「オプション」を選択

手順2.「テキストから(レガシ)」にチェック

「Excelのオプション」画面が表示されるので、「データ」⇒「レガシ データ インポート ウィザードの表示」⇒「テキストから(レガシ)」にチェックを入れて(図①)、「OK」をクリックします(図➁)。

「テキストから(レガシ)」にチェック
「テキストから(レガシ)」にチェック

手順.「テキストから(レガシ)」を選択

エクセルを開き、「データ」タブ⇒「データの取得」⇒「従来のウィザード」⇒「テキストから(レガシ)」をクリックします。

「データ」タブの「テキストから(レガシ)」をクリック
「データ」タブの「テキストから(レガシ)」をクリック

手順.CSVファイルを「インポート」

「テキストファイルのインポート」画面で、ダウンロードした郵便番号のCSVファイルを選択し(図①)、「インポート」をクリックします(図➁)。

CSVファイルを選択し「インポート」
CSVファイルを選択し「インポート」

手順.「コンマやタブなどの・・データ」を選択

「テキストファイルウィザード1/3」画面で、「コンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックを入れて(図①)、「次へ」をクリックします(図➁)。

「コンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」
「コンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」

手順.「コンマ」にチェック

「テキストファイルウィザード2/3」画面で、区切り文字を「コンマ」にチェックを入れて(図①)、「次へ」をクリックします(図➁)。「タブ」のチェックは付けたままでもチェックを外してもどちらでも大丈夫です。

区切り文字を「コンマ」にチェック
区切り文字を「コンマ」にチェック

手順.先頭に「0」を付けたい列を「文字列」に設定

「テキストファイルウィザード3/3」画面で、先頭に「0」を付けたい列をクリックして選択します(図①)。

次に、列のデータ形式を「文字列」にチェックを入れて(図➁)、「完了」をクリックします(図③)。

「標準」⇒「文字列」に変更
「標準」⇒「文字列」に変更

手順8.表示させたいセルを選択

「データの取り込み」画面が表示されますので、インポートしたCSVファイルを表示させるセルA1を選択し(図①)、「OK」をクリックします(図➁)。

CSVファイルを表示するセルを選択
CSVファイルを表示するセルを選択

手順9.CSVファイルの取り込み完了

郵便番号のCSVファイルがエクセルに取り込まれ、郵便番号の先頭「0」が表示されます。

郵便番号の先頭「0」が表示
郵便番号の先頭「0」が表示

まとめ

今回は郵便番号を住所に、住所を郵便番号に自動で変換する方法をご紹介しました。郵便番号と住所は年々少しずつ改定されますので、郵便局のサイトから毎年ダウンロードして、自身のExcelでうまく変換する方法を模索してみてください。