【エクセル】IFS関数で3つ、4つ以上の複数条件に対応する方法。使い方と実例を紹介

ExcelのIFS関数で4つ以上の複数条件で表示する方法

Excel(エクセル)のIF関数で複数条件で利用しようとすると、IF関数の中にIF関数を挿入する必要があるので、数式が複雑になりがちです。

こんな時は、IFS関数(読み方:イフス、イフズ)を使うと便利です。

IFに複数の「S」がついた関数名のとおり、複数の条件で表示方法を変更することができる新関数です。

もちろん、IF関数の機能も備えているため、IF関数とはおさらばして、積極的にIFS関数を利用してみましょう!

この記事ではIFS関数に関する以下の内容をお届けします。

紹介する内容

・IFS関数の構文と引数

・IFS関数とIF関数の違い

・IFS関数を使った実例3つ

・IFS関数を使った4つの複数条件の実例

・IFS関数とVLOOKUP関数を組み合わせた使い方

IFS関数とは、IF関数の「進化版の関数」

IF関数で、「〇」「△」「×」など複数の条件に合わせて表示するためには、IF関数の中にIF関数を挿入する必要があり、関数を設定するのが困難でした。

IFS関数では、引数の設定がシンプルになり、これらの複数条件の設定が容易となりました。

現時点ではMicrosoft365とExcel2019以降のバージョンでしか利用できませんが、これから認知度が上がってくる関数であることは間違いないありません。

IFS関数の構文と引数

IFS 関数は、1 つ以上の条件が満たされているかどうかをチェックして、最初の条件に対応する値を優先して表示します。

IFS関数の構文と引数は以下のとおりです。

=IFS(論理式1, 真の場合1, 論理式2, 真の場合2,論理式3, 真の場合3, ..., )

「論理式1」に当てはまる場合は「真の場合1」を表示します。

次に「論理式2」に当てはまる場合は「真の場合2」を表示します。次に「論理式3」に当てはまる場合は「真の場合3」を表示する・・・といった関数の仕組みです。(最大127個の条件設定が可能)

下の図がIFS関数のイメージ図です。

論理式1に当てはまる場合は「◎」、論理式2に当てはまる場合は「〇」、論理式3に当てはまる場合は「△」、どれにも当てはまらない場合は「×」といったように、条件に当てはまる場合のを自在に設定することができます。

図解.IFS関数のイメージ図
図解.IFS関数のイメージ図

IFS関数が見つからない場合

IFS関数が使えるExcelのバージョンは以下のとおりです。

IFS関数が使えるバージョン

Excel for Microsoft 365(サブスク)、Excel 2021、Excel 2019

IFS関数が見つからず、エクセルのバージョンを確認したい場合は、以下の手順を試してみて下さい。

まずエクセルを開き、 画面左上の「ファイル」タブ をクリックし、左側の一覧から「その他」→ 「アカウント」を選択します。

そうすると、画面右上の[製品情報] の下に、Office 製品の名前と、場合によっては完全なバージョン番号が表示されます。

IFS関数が見つからない場合は、Excelバージョンを確認
IFS関数が見つからない場合は、Excelバージョンを確認

IFS関数で「最後の論理式」を指定する方法

IF関数では、論理式に当てはまらない場合に表示する文字は、第3引数の[値が偽の場合]に設定します。(下の例:”×”)

IF関数の条件に当てはまらない場合の「それ以外」の表示方法
IF関数の条件に当てはまらない場合の「それ以外」の表示方法

一方、IFS関数では、最後の引数「論理式」を「TRUE」と設定し、最後の「真の値」に、論理式に当てはまらない場合に表示したい文字を設定します。(下の例:TRUE,”×”)

IFS関数の条件に当てはまらない場合の「それ以外」の表示方法
IFS関数の条件に当てはまらない場合の「それ以外」の表示方法

この「TRUE」の入力は、IF関数には無かった新ルールですので、必ず覚えるようにしましょう。

IFS関数の使い方の手順

それでは、実際にIFS関数の使い方を手順に沿って解説します。

下の表にIFS関数を利用して、点数を『100点は◎』、『80~99点は〇』、『40~79点は△』、『40未満は×』、の4つで判定します。

IFS関数を用いたい点数表
IFS関数を用いたい点数表

手順1.IFS関数の論理式と真の値を設定(1セット目:◎)

D3セルにIFS関数を挿入し、『100点は◎』を設定するために、1セット目の論理式と真の値を入力します。次の引数を設定するため、末尾には「,」(コロン)を入力します。

=IFS(C3=100,"◎",

IFS関数の作成手順1:第1条件を設定
IFS関数の作成手順1:第1条件を設定

手順2.IFS関数の論理式と真の値を設定(2セット目:〇)

次に、『80~99点は〇』を設定します。

手順1で『100点は◎』を設定し終えているので、『80以上は〇』という条件を引数に設定します。

=IFS(C3=100,"◎",C3>=80,"〇",

IFS関数の作成手順2:第2条件を設定
IFS関数の作成手順2:第2条件を設定

手順3.IFS関数の論理式と真の値を設定(3セット目:△)

次に、『40~79点は△』を設定します。

手順1,2で80点以上の論理式は設定し終えているので、『40以上は△』という条件を引数に設定します。

=IFS(C3=100,"◎",C3>=80,"〇",C3>=40,"△",

IFS関数の作成手順3:第3条件を設定
IFS関数の作成手順3:第3条件を設定

手順4.IFS関数の論理式と真の値を設定(4セット目:×)

最後に、『40未満は×』を設定します。

手順3までで、40点以上の論理式は設定し終えているので、『40未満は×』という条件を引数に設定します。引数の設定が完了したので、関数を閉じるために、末尾には「)」括弧を入力します。

=IFS(C3=100,"◎",C3>=80,"〇",C3>=40,"△",C3<40,"×")

IFS関数の作成手順4:第4条件を設定
IFS関数の作成手順4:第4条件を設定

手順5.IFS関数の結果を確認

IFS関数を「Enter」キーで確定し、下のセルにもIFS関数をコピペします。

そうすると、表の点数の大きさによって、『◎〇△×』の4つに判定することが出来ます。

IFS関数の完成(4つの複数条件)
IFS関数の完成(4つの複数条件)

上の例では、IFS関数の引数の条件や真の値を直接文字で設定しましたが、下の数式のように、セルを参照することもできます。

=IFS(C3=100,$G$3,C3>=80,$G$4,C3>=60,$G$5,C3<60,$G$6)

IFS関数の引数や論理式はセルを参照することも可能
IFS関数の引数や論理式はセルを参照することも可能

IFS関数の複数条件の使い方(実例1)ABC評価

IFS関数は、成績表の点数を判定しA、B、Cなどで評価するなどに役立ちます。

下の例では、点数を『80点以上であればA』、『40~79点はB』、『40未満は×』の3つで評価しています。

=IFS(C3>=80,$G$3,C3>=60,$G$4,C3<60,$G$5)

IFS関数を使った実例(成績表のABC評価)
IFS関数を使った実例(成績表のABC評価)

IFS関数の複数条件の使い方(実例2)税区分に合った税込金額

IFS関数を使って、税区分(課税、非課税、軽減税率)に合わせた税込金額を算出することも出来ます。

下の例では、『非課税は本体価格×1.0倍』、『課税は本体価格×1.1倍』、『軽減税率は本体価格×0.8倍』の3つで評価しています。

=IFS(D3="非課税",C3,D3="課税",C31,D3="軽減税率",C31.08)

IFS関数を使った実例(税区分に合わた税込金額算出)
IFS関数を使った実例(税区分に合わた税込金額算出)

IFS関数の複数条件の使い方(実例3)年齢、性別を判断

IFS関数の中に、OR関数AND関数NOT関数を利用すると、さらに細かく条件を設定することが出来ます。

下の例では、『12才未満、65歳以上であれば800円』、『12才以上、65歳未満の女性は1200円』『12才以上、18歳未満の男性は1500円』『18才以上、65歳未満の男性は2000円』という条件で値段を判定しています。

=IFS(OR(D3<12,D3>=65),800,AND(C3="女",D3<65),1200,D3<18,1500,D3<65,2000)

IFS関数を使った実例(年齢、性別に合わせた値段)
IFS関数を使った実例(年齢、性別に合わせた値段)

IF関数でも、OR関数やAND関数、NOT関数を用いることが出来ます。

下の記事で詳しい使い方を紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

IFS関数で「条件に当てはまらない」「それ以外」を設定する使い方(実例4)

IFS関数で「条件に当てはまらない場合」「それ以外」を設定する際は、最後の2つの引数をTRUE,それ以外の場合の値を指定します。

例えば、『80点以上は〇』、『40~79点は△』、『39点以下は×』の3つで判定する場合、最後の『39点以下は×』に、この使い方を利用します。

=IFS(C3>=80,"〇",C3>=40,"△",TRUE,"×")

IFS関数で「当てはまらない場合」「それ以外」の条件を設定
IFS関数で「当てはまらない場合」「それ以外」の条件を設定

このように、最後の引数に「TRUE」を設定することで、条件に当てはまらない場合の表示をすべてカバーすることができるので、大変便利です。

もし「それ以外」を利用せずに、どの論理式にも当てはまらない値が出てくると、エラー値「#N/A」が発生してしまいます。

IFS関数でエラーが発生する原因と対策

IFS関数でエラーが発生するケースは2つ存在します。

IFS関数でエラーが発生する原因

1.論理式の条件に当てはまる値が存在しない

2.引数の数が奇数で設定(論理式や値の引数が漏れている)

1つ目の論理式の条件に当てはまる値が無いというケースを防ぐために、最後の引数は、TRUE,それ以外の場合の値を指定するようにしましょう。

また、下のように、IFS関数の引数の数は必ず偶数になります。奇数で設定している場合は、論理式か値の設定が漏れていますので、関数の内容を確認してください。

IFS関数でエラーが発生する原因と対策(引数の数について)
IFS関数でエラーが発生する原因と対策(引数の数について)

IFS関数とIF関数との違い

IFS関数とIF関数は、どちらも条件に基づいて値を返すExcel関数です。

この2つの関数の違いを確認しておきましょう。

IF関数の構文は、以下のとおりです。

=IF(論理式,[値が真の場合],[値が偽の場合])

IFS関数の構文は、以下のとおりです。

=IFS(論理式1, 真の場合1, 論理式2, 真の場合2,論理式3, 真の場合3, ..., )

それぞれの構文を見て分かるとおり、一番の違いは、論理式を設定出来る数の違いです。

IF関数に、2つ以上の論理式を設定するためには、IF関数の中にIF関数を挿入する入れ子というテクニックを使う必要があります。

そのため、IF関数で『〇』『△』『×』といった複数条件で表示する場合、以下のように構文を設定する必要があります。

IF関数を複数条件で設定するためには入れ子を利用する必要あり
IF関数を複数条件で設定するためには入れ子を利用する必要あり

一方、IFS関数は、複数の条件を簡潔に記述できるため、下の例のように、複雑な条件分岐を扱いやすくなります。

IFS関数は複雑な条件設定が容易
IFS関数は複雑な条件設定が容易

IFS関数とVLOOKUP関数を組み合わせた使い方

このIFS関数とVLOOKUP関数を組み合わせて利用すると、さらにIFS関数の用途が広がります。

IFS関数の引数「論理式」にVLOOKUP関数を挿入することで、

表を検索して該当する値を抽出し、その抽出値を条件によって別の値を変換する

ことが出来ます。

下の表の場合、G3セルに、IF関数とVLOOKUP関数を組み合わせた数式を挿入して、商品番号の販売高が700(千円)以上であれば「〇」、500~700(千円)であれば「△」、500(千円)未満であれば「×」をG3セルに直接表示させます。

=IFS(VLOOKUP(F3,$B$2:$D$10,3,FALSE)>=700,"○",VLOOKUP(F3,$B$2:$D$10,3,FALSE)
>=500,"△",TRUE,"×")

IFS関数とVLOOKUP関数を組み合わせた使い方
IFS関数とVLOOKUP関数を組み合わせた使い方

もちろん、IF関数にもVLOOKUP関数を組み合わせて活用することもできます。

下の記事で詳しく使い方を紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

まとめ

今回は、IF関数がバージョンアップした新関数、IFS関数の使い方を紹介しました。

条件に当てはまらない場合の表示を設定するときは、最後の論理式を[TRUE]と入力するところがポイントです。

IFS関数があれば、IF関数は今後使う必要はありません。どんどん実践に役立てて下さい。