【エクセル】「図として保存」ボタンが見つからない場合の対処方法。画像や表をファイルで保管

Microsoft Excel(エクセル)で作成した画像や表や図形を、ファイルとして保存したい時があると思います。

Microsoft365のサブスクの最新バージョンであれば、右クリックメニューの「図として保存」ボタンを使えば簡単にファイルとして保存できます。

しかし、古いバージョンのExcel2016などでは、下の図のような右クリックメニューの「図として保存」ボタンはありません

右クリックメニューの「図として保存」ボタン
右クリックメニューの「図として保存」ボタン

しかし、ちょっとしたテクニックを利用すれば、どんなバージョンでも無料で簡単に図として保存することができます。

この記事では、Excelが旧バージョンでも、作成した図形や画像、表などをファイルで保存する方法を解説します。

「図として保存」が見あたらない2つの原因

右クリックメニューの「図として保存」ボタンが見あたらない、出てこない原因は、設定上の問題ではありません

「図として保存」ボタンは、Microsoft365という有料のサブスクリプションのExcelバージョンを利用している人だけが利用できます。

そのため、ボタンが無い1つ目の原因は、Excel2019やExcel2016などの旧バージョンでは、直接、画像や図形をファイルに保存することができません。

バージョンは、「ファイル」タブ→「その他」→「アカウント」から下の画面に移行するので、バージョンを確認することができます。

Excelのバージョンの確認方法
Excelのバージョンの確認方法

ボタンが無い2つ目の問題は、Excelで作成した表の右クリックメニューを表示している場合です。

表は、図形や画像ではなく、セル自体に入力されているデータなので、右クリックメニューには「図として保存」ボタンは存在しません。

表の右クリックメニュー一覧
表の右クリックメニュー一覧

この2つの原因のどちらかに当てはまっている場合、どうやって「図として保存」ボタンと同じ様にファイルにデータ保存できるか悩んでしまいますよね。

でも心配いりません。ちょっとしたテクニックを使えば、誰でも簡単にファイルに保存し、データで保管することができます。

「図として保存」が使えない場合の対処方法(図形、画像)

それでは、まず図形や画像、イラスト、写真、グラフを図として保存する方法を紹介します。

この方法は、エクセルと同じOffice製品であるPowerPoint(パワーポイント)もしくはWord(ワード)を利用します。

手順1.対象の図形や画像をコピー

まずは、Excelの図形や画像などをコピーします。

画像を右クリックし、右クリックメニューの「コピー」を選択します。

手順1.エクセルの画像をコピーする
手順1.エクセルの画像をコピーする

図をクリックしてから、「Ctrl+C」キーのショートカットキーでコピーしても大丈夫です。

手順2.PowerPointかWordに画像を貼り付け

PowerPointもしくはWordを開きます。どこにアプリのアイコンがあるか分からない場合は、タスクバーにある窓の形をしたスタートボタンから検索してください。

今回はパワーポイントを利用して説明しますが、Wordでも同じ作業です。

パワーポイントのスライド上で右クリックし、右クリックメニューの貼り付けオプションの中から「図」を選択します。

手順2.パワーポイントで「図」として貼り付け
手順2.パワーポイントで「図」として貼り付け

そうすると、PowerPointにエクセル画像を図として貼り付けることができます。「Ctrl+V」キーのショートカットキーで貼り付けしても可能です。

手順2-2.パワーポイントに画像が貼り付け
手順2-2.パワーポイントに画像が貼り付け

手順3.右クリックメニューの「図として保存」を利用

PowerPointの画像を右クリックし、右クリックメニューの「図として保存」ボタンを選択します。

PowerPointやWordであれば、エクセルとは違い、どのバージョンでもこのボタンが利用できます。

手順3.PowerPointやWordの「図として保存」を選択
手順3.PowerPointやWordの「図として保存」を選択

手順4.右クリックメニューの「図として保存」を利用

「図として保存」ダイアログボックスが表示されます。

ファイルの保存場所、➁ファイル名、③ファイルの種類(PNG、JPEG、拡張メタファイルなど)を指定し、右下の「保存」を押します。

手順4.画像のファイル名とファイルの種類を選択し保存
手順4.画像のファイル名とファイルの種類を選択し保存

そうすると、指定したフォルダにExcelの画像がファイルとして保存されます。

手順4-2.ファイルの保存が完了
手順4-2.ファイルの保存が完了

「図として保存」が使えない場合の対処方法(表)

次は、エクセルで作成したを図として保存する方法を解説します。

基本的に、上記で紹介した方法と同じですが、初めのステップだけが少し異なります。

まずは、表のセル範囲を選択して右クリックし、右クリックメニューの「コピー」を選択します。

表のセル範囲をコピー
表のセル範囲をコピー

次に、空いているセルをクリックしてから、右クリックし、右クリックメニューの「形式を選択して貼り付け」の中から「図」の貼り付け方法を選択します。

表を「図」として貼り付け
表を「図」として貼り付け

そうすると、図として表を貼り付けることが出来ます。下の例では、左側が元の表で、右側が図として貼り付けた表です。

表を図として貼り付け完了
表を図として貼り付け完了

このように画像に変換さえ出来れば、後の手順は上記で紹介したとおりです。

エクセルで先ほど作成した表の画像を、PowerPointやWordに図として貼り付けします。

エクセルの表の画像をPowerPointに貼り付け
エクセルの表の画像をPowerPointに貼り付け

PowerPointの画像を右クリックし、右クリックメニューの「図として保存」ボタンを選択します。

表の画像を図として保存
表の画像を図として保存

最後にファイル名やファイルの種類を選択すれば、下のように表の図をファイルとして保存することができます。

表の画像のファイルが保存される
表の画像のファイルが保存される

保存した図の背景が透明の場合の対処方法

エクセルの表などは、保存した図の背景が透明(透過)されます。

ファイルで保存した図をエクセルに再度貼り付けると、下の図のように、画像の後ろ側にセルの枠線が見えているので、表が透けているのが分かります。

貼り付けた画像(図)が透過
貼り付けた画像(図)が透過

画像の透過を修正する対処方法を紹介します。

まず、画像を右クリックし、右クリックメニューの「図の書式設定」を選択します。

画像の透過を修正する方法
画像の透過を修正する方法

「図の書式設定」画面の「塗りつぶしと線」タブから、塗りつぶしを「塗りつぶし(単色)」にチェックを入れて、色は「白色」を選択します。

塗りつぶしの色を白色に変更
塗りつぶしの色を白色に変更

そうすると、画像の背景が白色になったことにより、透過を直すことができました。

画像の背景を白色にし透過を修正
画像の背景を白色にし透過を修正

ショートカットキーなど画像を保存するその他の方法

今回はExcelに「図として保存」ボタンが見つからない場合の対処方法を紹介しました。

ポイントは、PowerPointやWordに図を貼り付けて、エクセル以外のアプリから図として保存するという点です。

そのほかにも、「Shift+Alt+S」キーの画面を切り取るショートカットキーや、Windows10や11のバージョンで使用できる『Xbox Game Bar』『Snipping Tool』という録画&画面ショットの無料ソフトウェアも便利です。

以下の記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。