【ショートカットキー】アクティブセルを素早く移動する方法を紹介!

エクセルのショートカットキーを使ってアクティブセルを素早く移動する方法

Excel(エクセル)で作業速度を上げるためには、目的のセル(アクティブセル)に素早く移動する必要があります。

この『目的のセルへの移動』を、マウスを使ってカーソル操作していると時間がかかります。

この記事では、時短&早業にポイントを当てて、『目的のセル(アクティブセル)へ移動』する様々なショートカットキー操作を紹介します。

エクセルのアクティブセルとは

アクティブセル』とは現在入力する対象となっている白色のセルで、かつ緑枠線で囲われたセルのことです。

下の図でいうと、セルC5がアクティブセルです。一見、通常のセルと同じ様に見えますが、緑の枠線で囲まれていることが分かると思います。

アクティブセルは白色で緑枠線で囲まれたセル
アクティブセルは白色で緑枠線で囲まれたセル

複数のセル範囲を選択しても入力対象のセルは一つだけなので、『アクティブセルは一つのみ存在します。

下の図で『C4:D7』のセル範囲を選択していますが、セル範囲の左上のC4セルは白色のセルで、左側と上側の枠線が緑色なので、C4セルがアクティブセルです。

複数セルを選択した際のアクティブセルは白色で一部が緑枠線のセル
複数セルを選択した際のアクティブセルは白色で一部が緑枠線のセル

アクティブセルが入力対象のセル、つまり目的のセルなので、今回の記事ではこのアクティブセルを素早く一瞬で移動する方法を紹介します。

 表の端に移動するショートカットキー

表の中のアクティブセルを表の左端、右端、上端、下端に移動する方法は、Ctrlを押しながら矢印キー()で移動することが出来ます。

表のアクティブセルを表の端に移動するショートカットキー
表のアクティブセルを表の端に移動するショートカットキー

表に空白セルが存在すると、Ctrlを押しながら矢印キーで移動しても、空白セルの手前で移動がストップするので、利用するときは空白セルの有無を意識しましょう。

空白セルがある場合は『Ctrl+矢印キー』で空白セルの手前まで移動
空白セルがある場合の『Ctrl+矢印キー』

表の四隅に移動するショートカットキー

複数のセル範囲を選択している状態で、アクティブセルを時計回りに四隅(左上→右上→右下→左下)に移動するには、Ctrlを押しながら.(ピリオド)で移動することが出来ます。

下の図では、C4:G10のセル範囲を選択している状態で左上のC4セルがアクティブセルです。この状態で、Ctrlを押しながら.(ピリオド)を押すと、時計回りでアクティブセルが移動するので、右上のG4セルに移動します。

ショートカットキー『Ctrl+.』で時計回りに四隅を移動
『Ctrl+.』で時計回りに四隅を移動

続いて、Ctrlを押しながら.(ピリオド)を複数回押すと、右上のアクティブセルが、右下→左下→左上に順番に移動します。

ショートカットキー『Ctrl+.』を複数回使って時計回りに四隅を移動
『Ctrl+.』を複数回使って時計回りに四隅を移動

ワークシートの左上、右下に移動するショートカットキー

Ctrlを押しながらHOMEをクリックすると、A1セルに移動することが出来ます。また、Ctrlを押しながらENDをクリックすると、ワークシートに入力したセルの右下まで移動することが出来ます。

ショートカットキー『Ctrl+HOME』『Ctrl+END』で左上、右下に移動
『Ctrl+HOME』『Ctrl+END』で左上、右下に移動

また、HOME単体でクリックすると、アクティブセルの左端のセルまで移動します。

ショートカットキー『HOME』で左端まで移動
『HOME』で左端まで移動

『名前』で移動するショートカット

Excel(エクセル)には『名前』という機能があります。目的のセルに素早く移動するには、そのセルに名前を付けると簡単に移動することが出来ます。

『名前』は別のワークシートへセルやセル範囲にも一瞬で移動することが出来るので便利です。

セルに登録する方法は簡単です。名前を登録したいセルをクリックしてから、A1セルの左上にある名前ボックスに名前を入力して『Enter』を押すと名前登録の完了です。

セルに「名前」を登録する方法
セルに「名前」を登録する方法

利用する際は、名前ボックスをクリックすると、登録した『名前リスト』が表示されるので、移動したい名前を選択すると、アクティブセルが登録先のセルまで一瞬で移動します。

「名前」を利用してショートカットして移動
「名前」を利用して移動

下の図のように『名前』を選択すると、異なるワークシートからでも簡単に移動することが可能です。

ワークシートが異なっていても「名前」でショートカットで移動可能
ワークシートが異なっていても「名前」で移動可能

アクティブセルに戻るショートカットキー

エクセルの画面をスクロールバーで移動すると、アクティブセルが見えていない状態になることがあります。

アクティブセルに一瞬で戻りたい場合は、Ctrlを押しながらBackSpaceをクリックすると簡単に移動することが出来ます。

ショートカットキー『Ctrl+backSpace』でアクティブセルに一瞬で戻る
『Ctrl+backSpace』でクティブセルに一瞬で戻る

上下左右に1セルだけ移動するショートカットキー

アクティブセルを上下左右に1セルだけ移動する方法を紹介します。

Enterをクリックすると、アクティブセルは下方向に1セルだけ移動します。

Shiftを押しながらEnterを押すと、逆に上方向にアクティブセルが移動します。

Tabを押すと右方向に移動し、Shiftを押しながらTabを押すと左方向に移動します。

アクティブセルを上下左右に1セル移動するショートカットキー
アクティブセルを上下左右に1セル移動する方法

(おまけ)複数のセルを選択するショートカットキー

今回の記事では、アクティブセルを簡単に移動するショートカットキーを紹介しました。

合わせて、複数のセルを選択する方法を一緒に覚えると、より時短を実感できると思います。

下の図は、離れた複数のセルを一括で選択する方法です。いろいろな複数選択の方法を下のリンク記事で紹介していますので、よかったら合わせて参考にしてみてください。

離れたセルを一度に選択する方法
離れたセルを一度に選択する方法