zcIg6qio6H3Jlrziceesn9tuMljWuEYNF2dttn0SIjs 【エクセル】日本語入力モードを自動で変更する方法。セルごとに英数字やカタカナに切替 | Excelの森

【エクセル】日本語入力モードを自動で変更する方法。セルごとに英数字やカタカナに切替

エクセルでセル入力のカタカナや英数字を自動で切り替える設定方法

Microsoft Excel(エクセル)にデータを入力する際、ひらがなや英語を入力するたびに入力モードを切り替えするのは時間がかかります。

キーボード左上の「半角/全角」キーを押すことで切り替えできますが、この作業を無くした方が断然効率が良くなります。

この記事では、セルを移動すると入力できる文字モードが「ひがらな」や「半角英数字」などに自動で切り替わるセルの設定方法を紹介します。

手動で入力モードを切り替えると時間がかかる

エクセルでデータを入力する際、文字の入力モードを切り替える方法は、主に2つあります。

1つ目はキーボードの左上の「半角/全角」キーを押すことで、「ひらがな」モードと「半角英数字」モードを切り替えすることができます。

2つ目はパソコン画面右下のタスクバーのボタンをクリックするか、右クリックで入力モードでカタカナや英数字を選択できます。

日本語入力モードを切り替える方法
日本語入力モードを切り替える方法

どちらの方法も目立つ位置にキーやボタンがあるので、簡単に切り替えすることができます。

しかし、下の表のように列ごとに入力する文字が「ひらがな」「全角カタカナ」「半角カタカナ」「全角英数字」「半角英数字」と異なる場合、セルを移動するたびにモードを切り替えすると時間がかかってしまいます。

日本語入力モードがそれぞれ異なる表
日本語入力モードがそれぞれ異なる表

さらに、文字を変換したり、入力を間違って再度入力し直していると、なおさら時間がかかってしまいます。

こんな時は、それぞれの列のセルに移動したら、勝手に自動で日本語入力モードが切り替わるよう設定すると便利です。

下の見出しからは、エクセルに備わっている日本語入力モードの設定について詳しく紹介していきます。

セルに入力モードを設定する入力規則の設定方法

セルごとにIME日本語入力モードを設定することができます。

IMEとは、「Input Method Editor」の略でアイエムイーと読みます。日本語に直訳すると“入力方法編集プログラム”です。

まずは、この入力モードをセルに設定する方法を紹介します。

まずは、入力モードに制約をかけたいセルを選択し、「データ」タブの「データの入力規則」ボタンを押します。

IME日本語入力モードを設定する方法
IME日本語入力モードを設定する方法

「日本語入力」タブを選択し、9種類のモードの中から使いたい入力モードを選択します。

データの入力規則機能で入力モードを登録
データの入力規則機能で入力モードを登録

全角のカタカナを入力したい場合は、「全角カタカナ」を選択し、「OK」を押して画面を閉じます。

そうすると、入力規則を設定したD列のセルに文字を入力すると、全角カタカナで表示されます。

セルに全角カタカナの入力モードを登録
セルに全角カタカナの入力モードを登録

このように表の列ごとに入力する文字に規則性がある場合は、カタカナや英数字、ひらがななどの入力規則を設定しておくと時短につながります。

エクセルのIME日本語入力モードの9種類の機能を紹介

上記で紹介したとおり、エクセルには9種類のIME日本語入力モードが備わっています。

エクセルで設定できるIME日本語入力モード
エクセルで設定できるIME日本語入力モード

この9種類の入力モードの違いについて解説します。

どのモードを設定したら使い勝手が良いかイメージしながら、それぞれの機能を確認してください。

入力モード:コントロールなし

コントロールなし」の入力モードは、セルに初期設定されているモードです。

セルに何も制限をかけていない状態なので、「コントロールなし」のセルから「コントロールなし」のセルに移動しても、もともと設定されていたモードがそのまま引き継がれます。

【図解】日本語入力モード:コントロールなし
【図解】日本語入力モード:コントロールなし

入力モード:オン

オン」の入力モードは、日本語入力を許可しているモードです。

次に紹介する「オフ」の入力モードが日本語が入力できないモードなので、その反対のモードです。

例えば、「全角カタカナ」モードが設定されているB2セルを編集した後に、「オン」のC2セルに移動すると、入力モードは「ひらがな」に戻ります。

【図解】日本語入力モード:オン
【図解】日本語入力モード:オン

「コントロールなし」と「オン」が一見同じように思えるかもしれませんが、「オン」は日本語入力できる状態に必ず変更されるようコントロールされるので、機能は異なります。

ひらがなや漢字を入力したい時に使用するモードですが、この後に紹介する「ひらがな」モードを利用した方が便利でしょう。

入力モード:オフ(英語モード)

オフ(英語モード)」の入力モードは、日本語入力を禁止するモードです。

以下のように、文字を入力すると変換候補リストは表示されず、英数字が入力されます。

【図解】日本語入力モード:オフ(英語モード)
【図解】日本語入力モード:オフ(英語モード)

「半角英数字」モードと似ていますが、「オフ」モードは数字を入力しても変換候補が表示されない点が異なります。そのため、数字とアルファベットしか入力しない場合は、「オフ」モードを利用します。

入力モード:無効

無効」の入力モードは、入力モードの切り替えを禁止するモードです。

「半角英数字」や「半角カタカナ」などのモードは、「半角/全角」キーを押すことで入力モードの切り替えが可能ですが、「無効」は変更出来ません。

【図解】日本語入力モード:無効
【図解】日本語入力モード:無効

「半角/全角」キーやIME入力バーでモードを変更出来ないので、かなり制約が強いです。そのため、絶対に半角英数字しか入力しないしないセルにだけ設定します。

入力モード:ひらがな

ひらがな」の入力モードは、ひらがなや漢字を入力するモードです。

「半角/全角」キーを押すことで一時的に「半角英数字」モードに切り替えすることもできますが、基本的にひらがなや漢字を入力するセルに設定します。

【図解】日本語入力モード:ひらがな
【図解】日本語入力モード:ひらがな

入力モード:全角カタカナ

全角カタカナ」の入力モードは、全角のカタカナを入力するモードです。

全角カタカナを優先して入力することができます。また、変換候補リストも表示されるので、ひらがなや漢字も入力可能です。

「半角/全角」キーを押すことで、一時的に「半角英数字」モードに切り替えすることもできます。

【図解】日本語入力モード:全角カタカナ
【図解】日本語入力モード:全角カタカナ

入力モード:半角カタカナ

半角カタカナ」の入力モードは、半角のカタカナを入力するモードです。

半角カタカナを優先して入力することができます。また、変換候補リストも表示されるので、ひらがなや漢字も入力可能です。

「半角/全角」キーを押すことで、一時的に「半角英数字」モードに切り替えすることもできます。

【図解】日本語入力モード:半角カタカナ
【図解】日本語入力モード:半角カタカナ

入力モード:全角英数字

全角英数字」の入力モードは、全角の英数字(数字とアルファベット)を入力するモードです。

全角の数字やアルファベットを優先して入力することができます。また、変換候補リストも表示されるので、全角を半角に変換することも可能です。

「半角/全角」キーを押すことで、「ひらがな」モードに一時的に切り替えすることもできます。

【図解】日本語入力モード:全角英数字
【図解】日本語入力モード:全角英数字

入力モード:半角英数字

半角英数字」の入力モードは、半角の英数字(数字とアルファベット)を入力するモードです。

半角の数字やアルファベットを入力することができます。「全角英数字」の入力モードとは違って、変換候補リストは表示されません。

「半角/全角」キーを押すことで、一時的に「全角英数字」モードに切り替えすることもできます。

半角の数字やアルファベットを入力するセルに対しては、このモードを設定することをお薦めします。

【図解】日本語入力モード:半角英数字
【図解】日本語入力モード:半角英数字

PHONETIC関数で表示を変換する方法

漢字にふりがなをふったり、ふりがなにカタカナをふったりする際は、入力モードを設定せずに関数で自動で表示させるのも一つの手です。

漢字をひらがなに、ひらがなはカタカナに、カタカナはひらがなに変換する際は、PHONETIC関数を利用すると便利です。

PHONETIC関数の読み方は、「フォネティック」で、日本語では「発声」「音声」を意味する英語です。

PHONETIC関数は、セルのデータの「読み」をフリガナで表示する関数で、漢字はひらがなに、ひらがなはカタカナに、カタカナはひらがなに変換されます。

図解.PHONETIC関数の機能のしくみ
図解.PHONETIC関数の機能のしくみ

PHONETIC関数の使い方は、「=PHONETIC(B3)」といったように、カタカナやひらがなに変換したいセルを指定するだけです。

PHONETIC関数の使い方
PHONETIC関数の使い方

JIS関数やASC関数を使って半角/全角を変換

PHONETIC関数で全角と半角を変換することはできません。そんな時は、JIS関数ASC関数を利用します。

JIS関数は半角文字を全角に変換する関数で、ASC関数は全角文字を半角に変換する関数です。

「=JIS(B3)」「=ASC(B3)」といったように、対象のセルを選択するだけで、全角↔半角を変換できます。

JIS関数とASC関数の使い方
JIS関数とASC関数の使い方