【エクセル】「(リンクされた)図の貼り付け」のショートカットキー!表を上下に最速で並べるテク

リンクされた図として貼り付けるエクセルのショートカットキーを紹介

Excel(エクセル)で列幅が異なる2つの表を上下に並べると、下の図のように不細工な見栄えになってしまいます。

エクセルの表を上下に並べると列幅が崩れる
エクセルの表を上下に並べると列幅が崩れる

そんな時は、「図で貼り付け」もしくは「リンクされた図で貼り付け」という貼り付け方法を行うと、下の図のように、列幅が異なる表をキレイに上下に並べることができます。

エクセルの表を「(リンクされた)図で貼り付け」
エクセルの表を「(リンクされた)図で貼り付け」

この図の貼り付けの方法は、以下の記事で紹介しました。

この記事では、この「図で貼り付け」と「リンクされた図で貼り付け」のショートカットキーを紹介します。

このショートカットキーは『貼り付けオプション』という機能を利用します。

Excel作業の時短に繋がりますので、ぜひ習得してください。

ショートカットキーは「貼り付けのオプション」を利用する

図をショートカットキーで貼り付けるために、『貼り付けオプション』を利用します。

貼り付けオプション』は、データをコピペした後に貼り付け先の右先に表示される、貼り付け方法を指定するボタンのことです。(下の図の赤枠のボタン)

貼り付けする形式を選択できる「貼り付けオプション」
貼り付けする形式を選択できる「貼り付けオプション」

この貼り付けオプションは、貼り付け直後に「Ctrl」キーを押すことで開くことが出来ます。

さらに、続いて、各オプションメニューに割り付けされている「U」キーや「I」キーを押すことで、マウス操作に頼らず、貼り付け方法を指定することができます。

貼り付けオプションに割り付けされているアルファベットキーを押して実行
貼り付けオプションに割り付けされているアルファベットキーを押して実行

それでは、次の見出しからは、具体的に「図で貼り付け」と「リンクされた図で貼り付け」をショートカットキーで利用する手順を紹介します。

「図で貼り付け」のショートカットキーの使い方

まずは、ショートカットキーで「図で貼り付けする方法を紹介します。

この記事では図解を用いて分かりやすく説明するために、セルの目盛線を非表示にした状態で説明します。

ショートカットキーは、以下のとおりです。

図の貼り付けのショートカットキー

「Ctrl+V」キーの直後に、「Ctrl」キー⇒「U」キー

複雑と思うかもしれないけど、慣れてきたら自然と指が覚えるよ。

手順1.コピーしたい表をコピー

表をショートカットキーを使ってコピーする
表をショートカットキーを使ってコピーする

表を図としてコピペしたいセル範囲を選択します。今回の例では、表の枠外に入力されている表タイトルと合計も選択します。

選択範囲をコピーするため、「Ctrl+C」キーのショートカットキーを使ってコピーします。右クリックメニューの「コピー」を使ってもOKです。

手順2.空いたスペースに「Ctrl+V」キーで貼り付け

Ctrl+Vキーを使って表をデータで貼り付ける
Ctrl+Vキーを使って、表をデータで貼り付ける

空いたスペースならどこでもいいので、「Ctrl+V」キーのショートカットキーでデータを貼り付けします。

図として貼りつきませんが、次のステップで図に変換しますので、安心してください。

手順3.ショートカットキーを使って「図で貼り付け」

「Ctrl」キーの次に「U」キーを押して、図として貼り付けする
「Ctrl」キーの次に「U」キーを押して、図として貼り付けする

貼り付けた直後、貼り付けたセル範囲の右下には「貼り付けオプション」ボタンが表示された状態となります。

キー操作で「図で貼り付け」を選択するために、「Ctrl」キーを押して、次に「U」キーを押します。

もちろんマウスでクリックしても操作できるけど、「Ctrl」キー⇒「U」キーで覚えようね。

貼り付けオプションにより、図として貼り付けに変換が完了
図として貼り付けに変換が完了

いったんデータを貼り付けしましたが、貼り付けオプションを利用したことにより、上の図のように、「図」の貼り付けに変換されます。

手順4.「図」を別のワークシートに移動する

図を移動(シートの移動も可能)
図を移動(シートの移動も可能)

貼り付けた図をドラッグで移動します。

異なるワークシートに移動する場合は、「Ctrl+X」キーの切り取りのショートカットキーを使って、図を移動してください。

手順5.「図」のサイズを調整

貼り付けた図のサイズと位置を調整
貼り付けた図のサイズと位置を調整

図を選択すると、図の回転やサイズや移動をドラッグで調整することが出来ますので、上の表とのバランスを考慮し調整すれば完成です。

長くなりましたが、図の貼り付けのショートカットキーを使う方法は、『「Ctrl+V」キーを押した直後に、「Ctrl」キー⇒「U」キー』です。

図の貼り付けのショートカットキーのキーボード配置
図の貼り付けのショートカットキーのキーボード配置

「リンクされた図で貼り付け」のショートカットキーの使い方

続いて、ショートカットキーで「リンクされた図で貼り付けする方法を紹介します。

リンクされた図として貼り付けるショートカットキーは、以下のとおりです。

図の貼り付けのショートカットキー

「Ctrl+V」キーの直後に、「Ctrl」キー⇒「I」キー

手順1.コピーしたい表をコピー

表をショートカットキーを使ってコピーする
表をショートカットキーを使ってコピーする

表を図としてコピペしたいセル範囲を選択します。今回の例では、表の枠外に入力されている表タイトルと合計も選択します。

選択範囲をコピーするため、「Ctrl+C」キーのショートカットキーを使ってコピーします。右クリックメニューの「コピー」を使ってもOKです。

手順2.空いたスペースに「Ctrl+V」キーで貼り付け

Ctrl+Vキーを使って、表をデータで貼り付ける
Ctrl+Vキーを使って、表をデータで貼り付ける

空いたスペースならどこでもいいので、「Ctrl+V」キーのショートカットキーでデータを貼り付けします。

図として貼りつきませんが、次のステップでリンクされた図に変換しますので、安心してください。

手順3.ショートカットキーを使って「リンクされた図で貼り付け」

「Ctrl」キーの次に「I」キーを押して、リンクされた図として貼り付けする
「Ctrl」キーの次に「I」キーを押して、リンクされた図として貼り付け

貼り付けた直後、貼り付けたセル範囲の右下には「貼り付けオプション」ボタンが表示された状態となります。

キー操作で「リンクされた図で貼り付け」を選択するために、「Ctrl」キーを押して、次に「I」キーを押します。

図として貼り付けする時は、「U」キーを使ったけど、今度は「I」キーだよ。

リンクされた図として貼り付けに変換が完了
リンクされた図として貼り付けに変換が完了

いったんデータを貼り付けしましたが、貼り付けオプションを利用したことにより、上の図のように、「リンクされた図」の貼り付けに変換されます。

また、数式バーを見ると、以下のような数式が表示されており、図が貼り付け元の表とリンク(参照)していることを確認することができます。

=$B$1:$E$7

手順4.「リンクされた図」の数式を変更する

別シートに貼り付けるために、リンクされた図の数式を変更する
リンクされた図の数式を変更する

リンクされた図を別シートに貼り付ける場合は、リンクされた図の数式を変更する必要があります。

以下の様に、数式バーに入力されている数式の先頭に「シート名」+「!」を追加してください。

=表2!$B$1:$E$7

手順5.「リンクされた図」を別のワークシートに移動する

リンクされた図を移動(シートの移動も可能)
リンクされた図を移動(シートの移動も可能)

貼り付けた図をドラッグで移動します。

異なるワークシートに移動する場合は、「Ctrl+X」キーの切り取りのショートカットキーを使って、図を移動してください。

別シートに貼り付けた際、貼り付けた図の参照先セルが変わってしまう場合は、手順4をやり直してください。

手順6.「リンクされた図」の位置とサイズを調整

リンクされた図のサイズを調整
リンクされた図のサイズを調整

図を選択すると、図の回転やサイズや移動をドラッグで調整することが出来ますので、上の表とのバランスを考慮し調整すれば完成です。

長くなりましたが、リンクされた図の貼り付けのショートカットキーを使う方法は、『「Ctrl+V」キーを押した直後に、「Ctrl」キー⇒「I」キー』です。

リンクされた図の貼り付けのショートカットキーのキーボード配置
リンクされた図の貼り付けのショートカットキーのキーボード配置

「貼り付けのオプション」を使ったショートカットキーの一覧

貼り付けオプションに割り当てられたキー
貼り付けオプションの割当キー

「貼り付けオプション」の各メニューには、「図(U)」や「リンクされた図(I)」以外にもキーボードのキーが割り当てられています。

 キー1キー2貼り付けの内容
1CtrlP貼り付け
2CtrlF数式
3CtrlO数式と数値の書式
4CtrlK元の書式を保持
5CtrlB罫線なし
6CtrlW元の列幅を保持
7CtrlT行/列の入れ替え
8CtrlV
9CtrlA値と数値の書式
10CtrlE値と元の書式
11CtrlR書式設定
12CtrlNリンク貼り付け
13CtrlU
14CtrlIリンクされた図

V」キーが割り当てられている「値貼り付け」や、「F」キーが割り当てられている「数式貼り付け」は、ショートカットキーとして利用しやすいので、こちらもよかったら試してみて下さい。

まとめ

今回は、「図」と「リンクされた図」を貼り付けるショートカットキーを紹介しました。

ポイントは、「Ctrl+V」キーを押した後に、「Ctrl」キー⇒「〇〇」キーで貼り付けオプションの各ボタンをショートカットキーとして利用することができます。

右クリックメニューや形式を選択して貼り付け画面から作業するより、断然速く作業できますので、ぜひ使ってみて下さい。