【大麻グミって何?】違法ではなく合法の理由!製造・販売会社を紹介

大麻グミ」を食べて体調を崩し救急搬送されるケースが相次ぎ、社会問題となっています。

「大麻グミ」と聞くと、”大麻”という名前からどうしても「違法じゃないのか!?」と思ってしまいます。

しかし、「大麻グミ」を製造・販売している会社によると、「違法なものは売っていない」と主張していますが、果たして本当なのでしょうか。

今回の記事では、「大麻グミって何?」「違法?それとも合法?」「大麻グミの販売会社や製造会社はどこ?」「製造会社の社長の見解」など、以下の項目の内容をお届けします。

今回の記事で紹介すること

・大麻グミとは?

・大麻グミは”違法”?それとも”合法”?

・大麻グミに含まれる合成化合物「HHCH」とは?

・大麻グミの販売会社や製造会社はどこ?

・一連の騒ぎに関して、製造・販売会社の社長の見解

違法じゃなかったとしても、体調や人生を狂わす食べ物だとしたら反対やね

大麻グミって何?

大麻グミとは、いったい何なのでしょうか。

その話をする前に、まず「大麻」とは何かを紹介します。

大麻が含む成分「カンナビノイド」

大麻は、アサ科の1年草である大麻草と、それらを使った製品のことをいいます。

大麻草の写真
大麻草の写真

大麻草には、「カンナビノイド」と呼ばれる成分が含まれます。

「カンナビノイド」は成分の総称で、その中で有名なものは、マリファナの主成分で有名な「THC」(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)や、「CBD」(カンナビジオール)といったものがあります。

カンナビノイドには、鎮痛効果幸せな気分をもたらすといった作用があります。

そのため、カンナビノイドは、ハーブやサプリメント、医薬品にも利用され、人々の生活に有益な面もあります。

しかし、その効能ゆえ使い方を誤ると人体に危険を及ぼすため、産業用、医療用、嗜好用など、各国法律で規制をかけているのが現状です。

世界の中でも日本は特にカンナビノイドの取り扱いに厳しく、「大麻取締法」等で使用を制限している状況です。

世界のカンナビノイドの利用状況
世界のカンナビノイドの利用状況

大麻グミは、合成の「カンナビノイド」を使ったグミ

大麻グミの正式名称は、「合成カンナビノイドグミ」で、合成で作った「カンナビノイド」をグミに混ぜ込んだものです。

カンナビノイドは、炭素系の化合物で現在104種類ありますが、自然界に存在しないものを科学合成で新たに作り出すことも出来ます。

下は、カンナビノイドの一つ「CBD」と呼ばれる成分が入った大麻グミです。

CBDが入った大麻グミ
CBDが入った大麻グミ

合成で作り出した「カンナビノイド」ですが、摂取した場合、大麻草と同等、もしくはそれ以上の多幸感を感じます。

グミ以外にも、飲み物チョコレートクッキーなどに、合成カンナビノイドを配合したものもSNSでは広まっているようです。

人の手で作ることが出来るなら、法で規制するのは難しいな

大麻グミは法律上、違法それとも合法?

上で紹介したように、大麻グミには、合成の「カンナビノイド」が含まれています。

では大麻グミは違法なのでしょうか、合法なのでしょうか。

2023年11月時点では、規制対象外で「合法」

大麻グミの写真
大麻グミの写真

大麻グミには、合成の「カンナビノイド」が含まれていますが、何の成分が入っているかによって違法か合法なのかが変わってきます。

2023年に、体調不良で救急搬送されて問題となっているのは、「HHCH」(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)と呼ばれる成分が含まれている大麻グミです。

このHHCAは、法律で規制されているTHCと呼ばれる成分に似せて作られた合成化学物です。

そのため、2023年11月時点の法律上は、HHCHを使った大麻グミは合法ということになります。

ポイント

HHCHを使った大麻グミは合法 ※ただし、今後は違法となる可能性あり

日本でこれだけ騒ぎになると、すぐに違法薬物として指定されちゃうだろうね。

CBDを使った大麻グミも「合法」

大麻グミについてコメントする武見厚労相
武見厚労相

大麻グミで体調不良を訴える人が増加している問題を受けて、武見厚生労働相は11月17日の記者会見で、以下のように述べています。

「鑑定で薬物が特定されれば、速やかに指定薬物に指定し、所持や使用、流通の禁止を検討する」

「更なる健康被害の拡大を防止するために、警察の捜査などと並行をして、販売店舗への必要な調査を行う」

世界と異なり、日本は「大麻」を「ヘロイン」「覚せい剤」「コカイン」などと同じように、違法薬物として取り扱い続けています。

世界では許可されているものでも、今回のHHCH入りの大麻グミは、すぐに法規制が整備され取り扱いが禁止になるでしょう。

11月17日には、大阪と東京の4店舗に、厚生労働省の麻薬取締部が検査に入り、1店舗では、グミの販売停止命令が出されました。

薬物に関しての日本政府の動きは異様に速い・・

大麻グミの製造・販売会社を紹介

大阪のWWE株式会社、ブランド名は「Knockout」

大麻グミを製造・販売会社している会社は、大阪のWWE株式会社です。

ブランド名は「Knockout」、その他の情報は以下です。

会社情報

商号:WWE株式会社

ブランド名:Knockout

設立:2022年4月

代表者:松本大輔

事業内容:カンナビノイド製品の製造販売

住所:〒531-0071 大阪府大阪市北区中津1-2-21 中津明大ビル906

大麻グミを製造販売している会社のビル
大麻グミを製造販売している会社のビル

大阪駅のちょっと北側やからかなり栄えているところやね。

「Knockout」のホームページURL

「Knockout」のホームページTOP
「Knockout」のホームページTOP

カンナビノイド製品の販売している「Knockout」のネットサイトのURLは以下です。

11月18日にサイトを確認したところ、今回健康被害が出ている下の画像のHHCHの大麻グミは見当たりませんでした。

しかし、「Knockout」のロゴが入っていることから、大麻グミを製造しているのは間違いなさそうです。

HHCHの大麻グミ
HHCHの大麻グミ

ADD CBD株式会社

WWE株式会社以外も、「ADD CBD」(アドシービーディー)という会社が、カンナビノイド関連の商品を実店舗やネット上で販売しています。

商品リストには、以下の画像のとおり、「Knockout」のロゴが入ったHHCHの大麻グミが掲載されています。

そのため、大阪の製造会社から仕入れて全国の主要都市で販売していたということでしょう。

WWE株式会社の社長コメント

WWE株式会社の松本大輔社長
WWE株式会社の松本大輔社長 引用元:https://bang-dream-cafe.jp/osaka-gumi/

上で紹介したとおり、指定薬物ではない合成カンナビノイドを使った大麻グミについては合法です。

しかし合法とはいえ、体調を崩している人がいるため、安全性に欠けることも事実。

WWE株式会社の松本大輔社長は、今回の騒動についての取材に対して以下のようにコメントしています。

社長のコメント

未成年者などの使用は控えるよう注意書きをしている。このようなことが起きたのは遺憾だ」

社長のコメント2

「商品のホームページには『用法・用量を守って正しくお使いください』と記載していて、注意事項については、同業者やユーザーに伝えていく。違法なものは売っていない」

上記のように発言しているため、製造や販売を中止する予定は無いようです。

また、法で規制しても新しい、より強い化合物が作られるために規制する意味がないとも示唆しています。

合法だとしても、グミとかチョコレートに混ぜるのと子供が食べる可能性があるから危険やな

大麻グミで体調不良を訴える人が続出

東京都小金井市の公園で開かれた「武蔵野はらっぱ祭り」
東京都小金井市の公園で開かれた「武蔵野はらっぱ祭り」

今回の大麻グミ騒動は、11月4日、東京都小金井市の公園で行われた「武蔵野はらっぱ祭り」での事件がきっかけです。

イベントに、不自由で杖をついた40代の男性がグミを配り、このグミを食べた10~50代の男女6人が体調不良を訴え、5人が病院に搬送されました。  

やはり、グミやキャンディ、チョコレートなどは気軽に口にしてしまうため、知らない人からもらったものは口にしないなど、注意が必要です。

家族メインのイベントなのに大麻グミが配られるのが怖いよね・・・

まとめ

今回は、合成カンナビノイド「HHCH」を使った大麻グミで体調を崩している人が続出している件をお伝えしました。

HHCHは、日本では違法なTHCの成分に似せられて作られた合成化合物です。

2023年11月時点で違法ではないとしても、子供の手に触れることがないよう、早く規制してほしいものです。