【原発処理水】どこから、どのくらい海洋放出?トリチウムや汚染水など正しい理解が大切

2011年の福島第一原子力発電所の事故により発生している、高濃度の放射性物質を含んだ「処理水」は、すでに134万トンを超えています。

福島第一原子力発電所の事故で発生した汚染水を貯めたタンク(画像)

処理水の量は増え続け、保管の限界が迫っていた背景から、東京電力の福島第一原発の処理水を海洋に放出することが決定しました。

報道では、2023年8月24日13時から海洋へ放出が開始されることになりそうです。 

この処理水には、放射線を放出する「トリチウム」という物質が含まれているため、この海洋への放出は、国内や海外メディアで様々な意見が飛び交っています。

今回の記事では、間近に迫っている処理水が、どのように、どこから放出されるのか、など以下の内容をお届けします。

今回紹介すること

・処理水が放水される日時

・処理水が放水される場所

・処理水はどのように放出されるのか

・処理水の保管量放出量

・処理水と汚染水の違い

・国内と海外メディアの反応

「汚染水」と「処理水」の違い。トリチウムって?

図解.福島原発で処理水(汚染水)が発生する仕組み
図解.汚染水と処理水の違い(引用元:NHK)

「汚染水」とは

「汚染水」と「処理水」は、異なります。

汚染水」とは、福島第一原子力発電所の事故により発生している、高濃度の放射性物質を含んだ水のことです。

「処理水」とは

処理水」とは、この「汚染水」を、複数の設備で放射性物質の濃度を低減する浄化処理を行い、リスク低減を行った上で、敷地内のタンクに保管している水のことです。

「処理水」とはいっても、浄化処理では技術的に取り除けない放射性物質トリチウム」が含まれているので、海に捨てることが出来ません。

その処理水が134万トンまでタンクに貯められ、福島原発近くに取り残されているのが、今の現状です。

汚染水の発生量は減ってるみたいだけど、処理水はたまり続けている状態です。

「トリチウム」とは

図解.トリチウムの構造
トリチウムと水素の構造

トリチウムは複雑な化合物や薬物だと勘違いしている人も少なからずいるようです。

トリチウムは水素の仲間(三重水素)で、自然に発生しているものです。

そのため、水道水や雨水、私たちの体の中にも含まれており、「自然界にも広く存在する放射性物質」です。

トリチウムが出す放射線のエネルギーは非常に弱いです。

そのため、トリチウムは、世界中の多くの原子力施設から海に放出されているのが、各国の現状です。

原発・処理水のタンク量

原子炉建屋への地下水や雨水の流入量を減らすための取り組みが功を奏し、汚染水の発生量は、対策前の約540m3/日(2014年5月)から、約140m3/日(2020年平均)まで低減しています。

数字が大きすぎてイメージしづらいかと思いますが、 約140m3は、お風呂 700杯分です。

日々発生する汚染水を浄化処理し、この10年以上で貯まった処理水の量が現在134万トンです。

下の写真のタンク内の処理水を、海水で薄めてから海洋に放出しようというのが、今回の計画です。

原発・処理水のタンクの外観写真

蓄積量の限界にきているのは、どう見ても明らかだね。

処理水はいつ放出されるのか

8月22日の関係閣僚会議で国内外で計画への一定の理解が進んでいるとして、気象条件などに支障がなければ8月24日から放出を始めること政府は決定しました。

処理水について発言する岸田総理

関係閣僚会議は、岸田総理大臣をはじめ西村経済産業大臣や渡辺復興大臣らが出席しています。

処理水の海洋放出の時期については、「気象や海象の条件に支障がなければ、今月24日を見込む」と発言しています。

トリチウムの量が基準を下回っていることが確認できれば、24日午前にも結果を公表して、8月24日の13時から放出が開始されます。

処理水はどのように放出されるのか

処理水は人体に影響が無いレベルにまで海水で薄めてから、海洋放出します。

それでは、どのように海水で薄めて、どこから放出するのか紹介します。

放出前に処理水を海水で薄める

図解.処理水を放出する方法
処理水の放出方法(引用元:産経新聞)

福島第1原発で発生した「汚染水」は、トリチウム以外の放射性物質の大部分を取り除いた上で「処理水」としてタンクに保管しています。

この処理水を、そのまま海洋に放出すると放射性物質の濃度の高い水が海に流されてしまうことになります。

そのため、「立て坑(たてこう)」と呼ばれる深さ18mの施設で、海水で処理水を薄めます。

この施設で、トリチウム以外の放射性物質が基準値を下回っていることを確認し、トリチウムが1リットル当たり1500ベクレル未満となるよう海水で100倍以上に薄めて放出します。

下の画像が、建設中の「立て坑」の写真です。

処理水を薄める「立て坑」の画像
処理水を薄める「立て坑」
処理水を薄める「立て坑」
処理水を薄める「立て坑」

処理水を放出する「場所」

立て坑と放出口のイメージ図
立て坑と放出口のイメージ図

立て坑で薄められた処理水は、地下の入り口から海底トンネルの中を通って沖合1キロの地点で放出されます。

なぜ1キロという距離をとっているかというと、放出した水を再度薄めるために取り込まないようにするためです。

また、それと同時に「漁を行うエリアより第一原発に近い」という条件も満たす距離になっています。

つまり、遠すぎると漁業に影響、近すぎると海水の取り込みに影響があるということだね。

原発の敷地内からは、放出口の場所を示す4本の鉄柱も確認することが出来ます。

処理水の放出口を示す鉄柱の画像
放出口を示す鉄柱(引用元:NHK)

処理水を放出する「量」

処理水は約134万トンで、タンク約1000基で保管されています。

この処理水を一度に海洋放出はしません。

まずは、23年度は約3万1200トンを4回に分けて、約7800トンずつ放出します。

つまり、1年目は、保管している134万トンのうち、3万トンを放出します。

これだけ、慎重に放出しようとしていても、海外からの反対の声が大きいのは、やはり原発事故のイメージが悪いのでしょう。

我々の生活や人体に影響はないのか

「処理水」を海洋に放出して本当に大丈夫なのでしょうか。

風評被害などを懸念する声が国内外問わず大きくなってきています。

しかし、皆が気にしているトリチウムは、ふだんから世界中の原子力施設で放出されています。

世界の原発のトリチウムの排出量

中国には福島第一の6.5倍もトリチウムを放出している原発があるよ。

経済産業省によると、加圧水型と呼ばれるタイプの原発では年間で18兆~83兆ベクレルのトリチウムを放出しているそうです。

しかし、福島第一原発で1年間に放出するトリチウムの量は、事故前通常の運転をしていたときに目安とされていた22兆ベクレルを下回る水準になるように計画されています。

また、トリチウムの濃度の上昇は、周辺2キロから3キロの範囲にとどまるとのシミュレーション結果が出ています。

沿岸で暮らす漁業者の年間の被ばく量で評価しても、1ミリシーベルトの6万分の1から1万分の1程度と試算されていて、人体に影響がないというのが政府や専門家の見解です。

しかし、「原発事故」というレッテルが貼られているため、海洋放出に悪いイメージを持つ人が多いのは仕方ないかもしれません。

慎重になるのは仕方ないけど、処理水について正しく理解するのは大切だね。

国内・海外の反応

処理水の海洋放出について、国内や漁業関係者、海外の反応を紹介します。

国内での意見

下の円グラフは、8月11日~13日にかけて「処理水の海洋放出は適切か」についてアンケートをとった結果です。

「処理水の海洋放出は適切か」についてアンケート結果
「処理水の海洋放出は適切か」についてアンケート結果(引用元:NHK)

処理水を国の基準を下回る濃度に薄めたうえで海に放出する方針について適切か聞いたところ、「適切」が53%、「適切ではない」が30%、「わからない・無回答」が17%でした。

やはり、国内でも慎重派が多いことが分かります。

X(旧:Twitter)では、日本以上にトリチウムを放出する国に対して腹が立つ、との意見も。

また、SNSでは、海洋放出を止めたい人達の反対の声が目立ちます。

記者「生活の先行きを懸念する漁業者の不安を増幅させることにつながる」 不安を口にする人ばかり記事にするので新聞を見た漁業者が不安になるのは当然。 「処理水放出しても福島の海産物を食べる」と言う人達を取り上げれば良い。 漁業関係者の不安は新聞の責任でもある。

引用元:X(旧:Twitter)

24日に「海洋放出する汚染水」 についてまだ知らない国民へ、 山本太郎さんが詳しく説明しています。こんな事許してはダメです。 山本太郎「政権交代してでも止める」 ここまで覚悟決まってるのは 「れいわ新選組」だけです。

引用元:X(旧:Twitter)

海洋放出には依然として反対」という昨日の全漁連会長の言葉は聞かなかったことにするというのか。 「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わない」という約束を公然と破ることは許されない。 事故に責任を負う国と東電が、なぜこんなにも無責任を繰り返すのか。

引用元:X(旧:Twitter)

しかし、菅前総理のツイートに対しての”いいね”3万件がついていることから、一定数の国民は海洋放出は仕方がない、と判断している人も多く、意見は真っ二つに分かれているのかもしれません。

国内の漁業者の反応

処理水の海洋放出に抗議するデモに参加した人々

上の写真は、8月18日に、処理水の海洋放出に抗議するデモに参加した方々です。

岸田首相は、「漁業者との信頼関係は少しずつ深まっている」と語っているようですが、この写真からはとても理解を得られているとは思えません。

さらに、福島県漁連の野崎哲会長は、首相の発言に対し「何を捉えて理解が進んでいるとおっしゃっているか分からない」と発言。

やはり、政府が理解を得られないまま海洋放出しようとしている状況のようです。

漁師や関係者にとっては死活問題だから簡単にYESとは言えないよね。

香港の反応

香港は処理水の海洋放出にNOを突き付け

香港政府は、8月24日から日本の10都県からの水産物の輸入を禁止すると発表しました。

禁輸対象は福島、東京、千葉、栃木、茨城、群馬、宮城、新潟、長野、埼玉の10都県です。

香港は日本産の農林水産物・食品の輸入が2020年まで16年連続で1位で、この影響がどのくらい出るのか危惧されます。

香港政府トップの行政長官はSNSで、「食の安全に対するリスクと、海洋の環境を破壊する恐れがあるにもかかわらず、押しつけるのは無責任な行為だ」と強く反発しています。

親日家の多い香港でこの反応なのは、今後が心配だね。

まとめ

今回は、福島第一原発の処理水の海洋放出について紹介しました。

この問題は、原発のある福島だけの問題ではありません。日本国民全員で共有すべき課題だと思います。

この問題に対して他人事とは思わずに、私たちは処理水について正しく理解することが大切だとあらためて感じました。